アニワル「買い叩く」



原価がどうとかの文句もそうだけど…
作品の値段にケチをつけてくる人に、あらためて伝えたい。

SNSで、ちょくちょく作家さんのこうしたトラブルのお話を聞く事があります。
ぼくも、何度か似たような経験をした事があります。

企業が利益の為に安く買い叩こうとする事もありますが…
個人に販売する場合にそうしたトラブルが多い気がします。(色々な作家さんのお話を聞いて感じた事なので、正確かは分かりません。)

距離感が近いから、値段の交渉をしやすいのもあるかもしれませんが…
それ以前の問題として…
こうした物作りにおいて、物が出来るまでの技術や課程に、時間もお金がかかる事を理解してない人もいるからなのかなと感じました。


正直…
何度もこうしたテーマで描いた事があるので、「もう聞き飽きた!」と言われてしまいそうですね。
それでも…
こうした事を知らない方はいますし、ってはいても、お金を出す時になって頭から消えて、不当な値下げを要求される場合もあると思い…
こうしたトラブルが少しでも減るならと思ったので描きました。

どんな事でもそうですが…
実際にやってみなければ、その苦労や悩みは分からないです。
だからといって、作品の値段にケチをつけるなら、「経験してから言え!」とも反論するはできませんので…
こうした形で伝える事も大切かなと思っています。