消費1
消費2
消費3
消費4



たとえ数分で消費されたとしても…
誰かにとって大切な記憶に残るなら、ぼくは最高!

しかも…!
貴重な時間を使って感想までもらえるなんて…作者として、めちゃくちゃ幸せ!